ドラゴンズブルー    選手   球団 
 補強   打順   試合 
    ナゴヤドーム      ナゴヤ球場(ファーム)     ドラゴンズアンケート  

2016年03月13日

2004年の守備型ドラゴンズのように…


2004年のドラゴンズ打線
1荒木.2923本44打点
2井端.3026本57打点
3福留.27723本81打点
4立浪.3085本70打点
5アレックス.29421本89打点
6渡邉.2862本22打点
7井上.27611本30打点
8谷繁.26018本68打点
9    


あの頃の守備型ドラゴンズを見習って…と思いましたが、意外に二桁HRの選手が多く、各選手の打率も高いのですね。外野手3名のHR数が11本・21本・23本と現在のドラゴンズでは達成不可能な数字ですし、内野手が全員打率.280越えという迫力は無くても繋がる打線だったのですね。現在のドラゴンズの内野手で.280を超えられる選手は…期待を込めれば遠藤・亀澤の2選手+ビシエドですが、実質ゼロに近い状況かもしれません。

オープン戦での成績はシーズン開幕時にリセットされますので、然程気にしなくても良いと思いますが、若手が全くアピールできていないのを見ると、シーズンに入っても状況は変わらないようにも思えます。ある意味、シーズンに入ってから急に打ち始める選手がどれだけいるか…楽しみですけどね。




posted by zimangar_z at 14:43 | Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  ※不適切と判断したコメントは予告なく削除、書込規制させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]